CBDバームとは?

CBDバームは、皮膚を癒し、鎮静するために使用されるカンナビジオール(CBD)を注入した局所製剤です。ヘンピカCBDバームには、最高品質のフルスペクトルCBDオイル、コールドプレスヘンプシードオイル、シアバター、ココナッツオイル、バニラのエッセンシャルオイル、およびあらゆる種類の肌を自然に保護、栄養、保湿する栄養素が含まれています。

CBDバームの働き

カンナビジオール(CBD)オイルまたはバームを肌に塗ると、血中に吸収されたり体内で使われることはありません。人の皮膚にはカンナビノイドと結合する受容体が数多く分布されているため、その受容体(CB2受容体)と結合し、局所的に吸収され効果を得ることができます。効果が表れるまでの時間は、他の摂取方法と異なり比較的短く10~15分程度で効き始め、一般的には2~4時間ほど効果が持続すると言われています。皮膚症状の改善を目的とする場合は、1回の使用では効果を感じにくいこともあるため、継続して使用していくとより良いと言えます。

CBDバームの利点

CBDを皮膚に使用することで炎症を鎮め、筋肉のこわばりをほぐし、痒みや日焼けに効果があることが分かっています。また、バームやボディバターには皮膚の保湿を促す、様々なオイルが配合されていることが多く、保湿効果が高いことも利点として挙げられます。

1.関節炎などの痛み

CBDオイルバームは、炎症を抑えることで慢性的な痛みを緩和するのに役立つかもしれません。 CBDは皮膚のCB2受容体と結合します。血流に届かないため、全身の痛みを和らげないため、局所的な痛みに最適です。これは、関節炎のある人にとって理想的なソリューションです。

2.乾癬を緩和

乾癬は、異常な皮膚の斑点を特徴とする自己免疫疾患です。カンナビノイドを注入した外用薬は、炎症を抑えて皮膚細胞の成長を遅くすることにより、乾癬を緩和することができます。

3.乾燥肌

ヘンプシードオイルは、必須脂肪酸オメガ3とオメガ6の完璧なバランスを持っており、あらゆるタイプの肌に自然に効果的に栄養と潤いを与えます。

4.湿疹などの皮膚のかゆみや痛みに

CBDは、炎症を抑え、乾燥肌を緩和することにより、湿疹などの皮膚の状態を改善する可能性があります。 CBDは、かゆみや痛みなど、湿疹に関連する他の症状の緩和にも役立ちます。

5.にきびや炎症に

にきびは、青少年にとってよく知られている問題であり、CBDによって効果的に緩和することができます。研究は、CBDが皮脂産生を調節し、炎症に対して作用することを示しています。

6.乾燥による小じわ

CBDは、石油生産のバランスを取り、刺激する可能性があります。皮膚が乾燥していると、しわや小じわがより目立つので、オイルの生産量を増やすと外観が低下します。
Add to cart