日本でも近年、話題になっているCBD(カンナビジオール)。SNSでもダイエットに効果があると言われており、気になっている人も多いはず。CBDは代謝アップや血行促進効果があり、痩せやすい体質に導いてくれます。楽して痩せたい方必見!!ぜひ最後まで読んでみてください。

1.CBDってなに?CBDの持つ効果や安全性

CBDとはカンナビジオールの略称で、大麻草に含まれる活性化合物の一つです。世界でCBD人気が高まっている理由は、さまざまな疾患に効果を発揮するうえ、その一方で精神作用がないためです。

参照ページ「CBDとは?」

CBDの効果はさまざま

CBDには多くの効果があり、抗炎症作用抗酸化作用は有名どころ。不安解消やリラックスを促し、良質な睡眠をとる手助けとなります。ダイエット分野では、CBDが褐色脂肪細胞を増加させる可能性があると考えられています。ここから、褐色脂肪細胞が増えると、ダイエットにどのような効果があるのか見ていきましょう。

2.代謝アップに効果のある褐色脂肪細胞とは

私たちの体内には、主に白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類の脂肪があります。

  1. 白色脂肪細胞
    白色脂肪細胞は、皮下脂肪や内臓脂肪のこと。体内の余分なエネルギーを脂肪としてため込んでいきます。
  2. 褐色脂肪細胞
    褐色脂肪細胞は主に鎖骨付近や、胸まわり、肩甲骨付近にあり、脂肪を燃焼して熱を産生する働きを担っています。

褐色脂肪細胞があると、どんないいことが?

褐色脂肪細胞は筋肉のような働きをしていて、皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させて熱に変換し、消費カロリーを増加させると言われています。運動をして筋肉を増やさなくても、消費カロリーが増える可能性が!

3.CBDが褐色脂肪細胞を増やす?

2016年の研究によると、CBDは褐色脂肪細胞が増えるのを助け、脂質代謝を促進することが分かりました。辛い運動や食事制限をしなくても、CBDで痩せやすい体を作ることができます。

4.気になるCBDのダイエット効果とは

今まで説明した褐色脂肪細胞のほかにも、CBDにはダイエットの手助けとなる効果がたくさんあります。ここからは、CBDがダイエットに良いとされているその他の理由についてみてきましょう。

効果1ミトコンドリアを増加

CBDを摂取すると、ミトコンドリアの合成が増加することが分かっています。身体の中でミトコンドリアが増えると、糖や脂肪の分解が増えるため代謝アップが期待できます。

効果2良質な睡眠

ダイエットをしても体重が減らない時、意外にも重要なのは睡眠です。睡眠をしっかりとると、約300kcal程度のカロリーを消費し、ホルモンバランスを整え、痩せやすい体質へ導いてくれます。 CBDには抗不安作用と鎮静作用があり、リラックスできることで眠りの質が良くなると言われています。

効果3筋肉痛緩和

CBDは筋肉の疲労回復や、筋肉痛の軽減にも効果あり!トレーニング後は、筋肉痛で日常生活が辛くなったり、トレーニングを続けるのが億劫になりませんか?CBDには抗炎症作用があるため、トレーニングで痛めた筋肉をより早く回復させてくれます。

効果4血行促進

CBDには、ビタミンCやビタミンEより強い抗酸化作用があります。抗酸化物質には血管を拡張させ血行を良くする効果があります。普段、むくみやすい体質の方は、むくみが取れるだけでサイズダウンすることもあります。 ダイエットといえば、食事制限や運動など始めるのが億劫になったり、継続することを辛く感じることも多いはず。最初は生活習慣を改善することから始めても、身体は良い方向へ変化していきます。日々の生活にCBDを取り入れて、無理なくダイエットを始めてみませんか?
Add to cart