4月に入り、本格的に花粉症の季節になってきました。新型コロナウイルスの影響で全国的にマスクも不足し、花粉症の方は辛い毎日ですよね。
厚生労働省の調査によると、現在、3人に1人が何かしらのアレルギー疾患であるというほど、アレルギー疾患に悩む人が増えています。

CBD(カンナビジオール)はアレルギー性の炎症に効果があり、花粉症にも効果があると言われています。マスクがなかなか手に入らない今こそ、CBDを使って花粉症に負けない体づくりを始めるときです。花粉症でお悩みの方必見!最後まで読んでみてください。

花粉症はなぜ起こる?

花粉症は簡単に言うと、アレルゲン(花粉、ハウスダスト等)が体内に侵入すると、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されて、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー反応が引き起こされるというもの。

  1. 花粉症=アレルギー反応


アレルギーとは「免疫」という体内のシステムに異常が起こり、さまざまな症状があらわれた状態のこと。
免疫が正常に働いているときは、細菌やウイルスなど体に害のあるものが体内に入ると、免疫細胞がそれらを攻撃して、体から排除しようとします。すると体内で「炎症」という反応が起こり、熱が出たり痛みやかゆみを感じたりします。

ところが、体にとって無害なはずの物質に対しても免疫細胞が攻撃してしまうことがあります。これがアレルギー反応です。本来は無害である花粉に免疫反応が働いてしまい、鼻や目などで炎症が起こっている状態なのです。

なぜCBDが花粉症に効くのか

花粉症は簡単に言うと、アレルゲン(花粉、ハウスダスト等)が体内に侵入すると、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されて、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー反応が引き起こされるというもの。

  1. 花粉症=アレルギー反応


アレルギーとは「免疫」という体内のシステムに異常が起こり、さまざまな症状があらわれた状態のこと。
免疫が正常に働いているときは、細菌やウイルスなど体に害のあるものが体内に入ると、免疫細胞がそれらを攻撃して、体から排除しようとします。すると体内で「炎症」という反応が起こり、熱が出たり痛みやかゆみを感じたりします。

ところが、体にとって無害なはずの物質に対しても免疫細胞が攻撃してしまうことがあります。これがアレルギー反応です。本来は無害である花粉に免疫反応が働いてしまい、鼻や目などで炎症が起こっている状態なのです。

理由1抗炎症作用

CBDには強い抗炎症作用があり、アレルギー反応によって生じた炎症を落ち着かせてくれる効果があります。花粉によるアレルギー反応は人それぞれ。鼻や目、皮膚に起きている炎症を抑えて、症状を和らげてくれます。

理由2エンドカンナビノイド・システム

エンド・カンナビノイドシステムとは、身体の恒常性を維持する機能のこと。簡単に言うと、細菌などが体内に侵入した時に、熱を出して細菌をやっつけるのは、身体の恒常性が機能しているため。 CBDを摂取すると、エンドカンナビノイド・システムを活性化することができます。これにより、体内の恒常性がしっかりと働き、免疫機能を強化、花粉症になりにくい体を作ることができます。

参照ページ「看護師が説明!エンドカンナビノイド・システムって何?」

花粉症におすすめのCBD商品

CBDと言ってもいろいろな種類があるけど、何が花粉症に効くの?と思う方も多いはず。目や鼻の症状でお困りの方にはCBDオイル>、肌荒れに悩んでいる方にはCBD美容液やナイトクリームがおすすめ。

おすすめ1CBDオイル

CBDオイルを飲むと、効き始めるまでに多少の時間がかかるものの、6~8時間程度効果が持続<すると言われています。CBDべイプなどと比べても効果の持続時間が長く、身体の内側から効かせることができるため、より効果を実感できるはず。 CBDをしっかり効かせたい!という時は、高脂肪の乳製品や卵、肉類、アボカド、ココナッツオイルなどを一緒に摂るのがおすすめ。CBDとこれらの脂肪酸の多い食物を一緒に摂ることで、体内への吸収率が増加します。

おすすめ2CBD美容液、CBDナイトクリーム

鼻や目に症状が出なくても、花粉によって肌がごわついたり、荒れてしまっている時はCBD美容液やナイトクリームを使ってみてください。 肌に起きている炎症を落ち着かせて、同時に保湿もできる優れもの。皮脂バランスを整えてニキビを予防したり、高い抗酸化作用でアンチエイジングもできるので、一つ持っておくと便利なスキンケアアイテムです。
Add to cart