さまざまなCBD(カンナビジオール)製品が売っていてどれがいいのかわからない。という人も多いのではないでしょうか?
それぞれの商品で吸収率や効き方も違います。今日は看護師の私が、それぞれの商品の特徴についてお話してきたいと思います。

CBD(カンナビジオール)とは

アメリカで爆発的に人気のCBD。皆さんはご存じですか?
CBDとは大麻草やヘンプに含まれる活性化合物。この活性化合物で有名なものは主に2つ、CBDとTHCです。

  1. CBD = 精神作用なし、「ハイにならない」
  2. THC = 精神作用あり、「ハイになる」

CBDは精神作用がなく、日本でも合法の成分で抗炎症作用や抗不安作用があり、リラックスを促し様々な疾患に作用することが分かっています。

参照ページ「CBDとは?」

また、人の体内にはエンドカンナビノイド・システムという機能が備わっており、私たちの体の中でも内因性カンナビノイドが作られ分泌されています。この内因性カンナビノイドが減少すると、ホメオスタシスの維持に支障をきたし、片頭痛や不眠、疼痛、不安など様々な不快症状が生じます。

そこで摂取したいのが植物性カンナビノイドであるCBD。

参照ページ「エンドカンナビノイド・システム」

どんな製品があるの?

よくSNSなどでも目にする吸入でCBDを摂取するべイプをはじめ、オイルやグミなどの食品に含まれているものまで様々な種類の製品が販売されています。

CBD製品でよく販売されているものは

  1. べイプ
  2. エディブル:CBD入りグミやガム、チョコレートなどの食べ物や飲み物
  3. オイル、ティンクチャー
  4. 局所投与:軟膏、バーム、ローション、オイルなど


様々な種類のCBD製品が販売されているため、自分の生活に取り入れやすいものから始めることをお勧めします。
では、当店でどんな商品を取り扱っているか見ていきましょう。

当店で扱っているCBD製品まとめ

よくSNSなどでも目にする吸入でCBDを摂取するべイプをはじめ、オイルやグミなどの食品に含まれているものまで様々な種類の製品が販売されています。

CBD製品でよく販売されているものは

  1. べイプ
  2. エディブル:CBD入りグミやガム、チョコレートなどの食べ物や飲み物
  3. オイル、ティンクチャー
  4. 局所投与:軟膏、バーム、ローション、オイルなど


様々な種類のCBD製品が販売されているため、自分の生活に取り入れやすいものから始めることをお勧めします。
では、当店でどんな商品を取り扱っているか見ていきましょう。

製品1CBDオイル、ティンクチャー

CBDティンクチャーと呼ばれるものは、CBDを浸出させたさせたオイルで、CBDオイルと同じようなもの。CBDオイルは舌下に垂らすほか、食べ物や飲み物に混ぜても摂ることができます。一般的に、15~30分ほどで効果が表れ始め、4~6時間継続すると言われています。マッサージオイルとして使用することもできます。

製品2CBDべイプ

喫煙する方にもお勧めなべイプ。CBDは吸入すると、肺から血中に入り直接体内に吸収されます。吸収率は一般的に経口摂取で約15%、蒸気摂取は約40%といわれており、吸収率が他の種類に比べ高いのも魅力。 また、吸入は他の摂取方法に比べて、効果が表れるまでのスピードも速く、摂取後数分~30分でピークに達するのが特徴。効果の持続時間は吸入量によりますが、約2~4時間程度で短めです。 CBDは依存症にも効果があると言われており、なかなか禁煙できない方はCBDを摂取してみると良いかもしれません。

製品3CBDグミ

経口摂取できるCBDを含んだ食べ物や飲み物のことを「エディブル」といいます。当店で取り扱っているエディブルはCBDグミ。オーガニックな成分で作られており、ダイエット中のおやつとして罪悪感を感じずに食べることができます。ただ、食べ過ぎには要注意!自分がどれだけのCBDを摂取しているか、確認するためにも商品ラベル等でCBD量を確認しながら摂取して下さい。グミは持ち運びもできるため、仕事中などイライラした時や集中できない時に食べてみると効果を感じられます。

製品4CBDバーム、ボディバター

CBDを皮膚に塗って局所的に使えるバームやボディバター。 他の製品と大きく違う点は、塗ったCBDは血中に入ったり体内で使われることがないこと。その代わりに、皮膚ある多数のカンナビノイド受容体と結合して、局所的に吸収され炎症を鎮めたり、痒みやニキビ、日焼け、筋肉痛などに効果があります。効果は約15分程度で表れはじめ、2~4時間ほど持続すると言われています。

効き方や持続時間も異なるため、生活に取り入れやすいものから始めるのがおすすめ。使い始めは、不眠や皮膚トラブルの改善など、効果を実感しにくいこともあると思いますが、継続して使ってみることが大切!日々の生活にCBDを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Add to cart