CBDはどういう効果があるのか?CBDがもたらす効果の可能性を把握することで、CBDがどういう形で自分の生活に合うか発見することができます。CBDのある生活をスタートさせる前に、まず「CBDとは何か」をしっかりと理解しておきましょう。

CBDについて

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、大麻草に含まれるカンナビノイドの成分(113以上ある)のひとつです。アメリカでは医薬品として承認された製品もあります。 WHO(世界保健機構)が発行した報告書では、CBDは公衆衛生上の問題も濫用の危険性もないということが確認されています。また、CBDは非常に安全で、幅広い用量で忍容性が良好であると述べています。最大で1500mg/日までのCBDを長期間摂取しても忍容性が良好であるといわれています。

CBDの安全性

大麻草からできているCBD。大麻と聞くだけで安全なのか、違法でないのかと心配になりますよね。大麻草から採取できる成分で有名なものは主に2種類あります。THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)。大麻草が麻薬としてのイメージが定着した一番の要因はTHCの作用にあります。THCは大麻草の葉や花、穂から抽出される成分で、摂取すると多好感や精神作用をもたらし「ハイになる」状態を生み出します。

一方のCBDは大麻草の茎と種からとれる成分で、精神作用がなく「ハイになる」ことはありません。日本の法律(大麻取締法)では、大麻草の茎と種を使用した製品を禁止しておらず、CBDは違法な薬物ではないため安心して使用できます。また、CBDは広く医療への応用の可能性があるとみなされている臨床報告によると、副作用が少なく特に精神作用がなく、精神運動学習や心理的な機能に影響がないと報告されています。

 

カンナビジオールの働き

多くのの研究によって、人には大麻草に含まれる薬効成分を吸収、分解、利用するためのシステム(エンドカンナビノイド・システム)が備わっていると言われています。エンドカンナビノイド・システム(ECS)とは、体全体のホメオスタシス(恒常性)の維持のために休まず働いている、神経系や細胞、分子、酵素が形成する複雑なネットワークです。ホメオスタシスとは簡単に言うと、環境が変化しても体の状態を一定に保とうとする働きのことです。

人の体はエンドカンナビノイド(内因性カンナビノイド)という化合物を産生し、体内にある受容体と結合すると炎症を抑えたり、痛みを緩和したりするなどの具体的な指示を細胞に出します。エンドカンナビノイド・システムはカンナビノイドとその受容体を通じて下記のような身体機能に影響を与えると言われています。

  1. 睡眠
  2. 食欲、食欲、空腹感
  3. 気分
  4. 免疫機能
  5. 痛みと炎症
  6. 記憶
  7. 体温調節



このシステムにって、CBDが私たちの体に起こっている症状に働きかけ、症状の緩和につながると考えられています。

CBDの効果

CBDは前述したエンドカンナビノイド・システムを通じて作用します。
現在研究が進められているCBDの効果には以下のようなものがあります。

  1. 制吐作用
  2. 抗けいれん作用
  3. 抗精神障害作用
  4. 抗炎症作用
  5. 抗酸化作用
  6. 抗がん作用
  7. 精神安定(抗不安)作用

CBDが体内に残る時間

CBDを摂取するにあたっての黄金のルールは、「一人一人が違う」という事。CBDは体内に2~5日間残るという 研究結果も発表されていますが、最終的には摂取する人の代謝に影響されるため、人によって異なります。分子が体の外へ出るために必要な時間は、摂取量にも、その人の体質などに影響されます。以下の要因と摂取した人の体重、性別、代謝率、健康状態などの特徴が、CBDが体内に残る時間を影響しています。

  1. CBDの摂取量
  2. 摂取方法 – 他と比べて吸収率が高い摂取方法もあるため
  3. CBDを取り入れる頻度



繰り返しお伝えしていますが、人の体は皆異なるので、体内に取り入れたものに対する反応は人それぞれです。そのため、体が出すサインに気づいてあげましょう

CBDの副作用

人によりCBDへの反応が異なるため、必ずしも他の人が感じた効果を同様に自分も感じられるとは限りません。CBDの副作用に関する研究は多くはありませんが、通常の体機能に障害を起こすことはないと言われています。文献によると体験談として多く上がる副作用には、めまい、倦怠感、眠気、多動、便が緩くなる、イライラする、心拍数が増加数するなどがあります。

最初は少ない摂取量から始め、自分が適切だと感じる適量(スイートスポット)まで徐々に量を増やしていく摂取方法を推奨します。摂取量を確かめ、副作用を感じた場合には摂取量を減らしましょう。CBDは覚醒作用 があると言われていますが、適量を超えている場合に眠気を感じる場合もあります。副作用を感じた際には、摂取量に注意しましょう。

Add to cart